診療科目で見る医師求人

医師求人専門のサイトが多くあり、職種も科目も選べますが、診療科目によっては求人の数に差が見られます。まず、一番求人の多い診療科目としては、近所でも多く見かけますし利用頻度も比較的高い内科となります。

この内科は大枠となっており、求人内容を掘り下げてみると、循環器科や消化器科といったより専門的な知識が必要な場合もあります。反対に求人数がそれほど多くないものとしては、血液内科やリウマチ、アレルギー科といった専門性が高いが医師数も少ないというものがあげられます。

これから先の医師求人では、高齢化やストレス社会など社会情勢を反映した求人も多くなる傾向と言えます。

自分に合った医師求人を探す方法

医師求人で、より自分に合ったところを希望するのならば、転職エージェントにマッチングしてもらうのもひとつの方法です。

求人雑誌を隅々までチェックするのは時間も手間もかかりますし、医療系専門サイトの場合、ヒット数が多すぎると検索結果の後ろの方まで目を通すのはなかなか難しいでしょう。

転職エージェントの場合、転職先にどのようなことを求めているか、今のスキルをどんな風に生かしていきたいかなどを相談できるので、より自分の希望に近い転職先をピックアップしてもらえます。また、インターネットには掲載されていない求人を紹介してもらえる可能性もあります。

医師求人は比較サイトで

現在の日本では、医師不足が慢性化しており、どこの病院も医師を確保することに苦労しています。つまり、医師にとってみれば完全な売り手市場であり、求人情報はあふれかえっている状況です。

しかし、少しでも自分にあった病院や待遇の良い職場を探すのであれば医師求人サイトの比較が重要になってきます。

求人サイトにも特色があり、特定の分野に強かったり、事前に病院見学ができる等のオプションの有無といった違いがあるからです。玉石混交の求人情報から、自分にあった求人を探すにはなるべく多くのサイトを比較して選択するようにしましょう。

医師求人と収入の関係

医師という職業を聞くと、高収入というイメージを持つ一般の人も多いです。現に国の統計でも、サラリーマンの年収平均よりも高額であり、1,000万円以上となっています。

そのため、転職する医師の中でも、収入が高いことを条件として挙げている人も多くいて、それを反映して、医師求人の情報サイトでも、高収入を条件として職場を探す方法なども掲載されています。

やはり医師は、人の命を預かる仕事であること、高度な技術を必要としていて激務になる事が多いといった理由から、それ相応の収入額であることが前提とされているのでしょう。

医師求人増加について

今や病院での全国的な医師不足というのは当たり前になってきています。特に内科や整形外科といった比較的高齢者が多い科目では定期的な担当医師の移動など、患者側としては同じ先生に診てもらえるという安心感が薄れている状況です。

個人のかかりつけの医院ならいいのですが時には大きな病院での診察が必要な時もあるでしょう。かかりつけと違い緊張もある中できるだけ病院では同じ先生に診てもらいたいものですが、先生といっても労働者です。

中にはよりよい待遇を求めて自ら別な病院に移ることもあるかもしれません。ですからどこの病院でも常に医師不足です。今後もますますその傾向は続き、早急な医師求人対策が必要なのです。

医師求人関連

「医師転職サポートガイド!プライベートも充実した生活をおくるために」では、キャリアアップや働き方の改善、職場環境の見直しの観点から医師転職をしようとする方に向けたサイトです。医療や研究の現場では欠かせなくなったマイクロスコープについての記事もご覧下さい。当サイトへのお問い合わせはこちらへ。

好条件の医師求人をゲット

医師転職のポイント

マイクロスコープ