早番と遅番がある病院へ医師転職

医師転職に向けて求人探しをする際には、早番と遅番がある仕事も中にはあります。夜勤がある場合にシフトを調整するためにこのシステムが利用される事もある様ですね。

ずっと早番だけであったり、もしくはずっと遅番だけであれば、同じ様なライフスタイルとなる場合が多い様ですね。

しかし、早番と遅番が頻繁に交代する様な場合には、ライフスタイルが頻繁に変わってしまう事も考えられます。寝る時間が違うとかなり疲れを感じてしまう事もあるかもしれません。

どの様な勤務体系となっているのかという事は病院により異なりますので、医師転職する際には求人を見るなどして調べておくといいかもしれません。

福井県に関しての医師転職

福井県に関しては70ほどの病院が見られ、人口に対しての病院数は上回っていることがあげられます。

福井県については敦賀市を含めた以東の地域を嶺北地方と呼んでいて、それ以西を嶺南地方として区分をおこなわれていますが、大きな病院については嶺北地方に集まっている傾向にあります。

また、基幹病院の役割としては周囲の病院をカバーする医療体制を整備されています。このような状況において必要としている医師求人は多いことがあげられます。特に常勤ができる医師転職の希望者に対して、特別な制度を設けている医療機関もあります。

富山県への医師転職について

厚生労働省が発表した平成25年のデータによると、富山県に関しての病院などの医療機関については、北陸の3県のなかでは多い点があげられます。

富山県に関しての医師数については余裕があるようにも思えますが、その通りで全国においても平均値を上回っていることがあげられます。

医療に関して熱心に取り組んでいる県と言っていいでしょう。富山県立中央病院をはじめとして大きな病院も数多く、そのような医療機関においても、常勤や非常勤を募集していることもよくありますので、医師転職を希望する際にも求人先を見つけやすいことがあげられるでしょう。

三重県に対しての医師転職について

厚生労働省が発表した平成24年の度のデータによると、三重県の人口に対しての医師の数は、全国の平均をかなり下回っている傾向にあります。

三重県内の地域別に見てみると、三重大学医学部附属病院がある地域では医療の環境が整っていることをはじめとして、北勢地域や中勢伊賀地域、南勢志摩地域などは医療機関が多い点があげられます。

その一方で地域での過疎化がすすんでいて、広域医療に関しての切り替えを進めている東紀州地域に分けることができます。これらの地域については医師が不足している状態が慢性化してしまっていて、医師転職を希望する常勤医を募っている医療機関が数多い点があげられます。

岐阜県の医師転職に関して

岐阜県の医師数に関しては、県内の人口に対しての医師人数は全国の平均を下回っていることがあげられます。岐阜県については本州の中央付近に位置していて、東海地方や関西地方などから、アクセス良好な立地であることも特徴としてあげられます。

少こしくらい遠方からであってとしても、常勤医で通勤することが可能になりますから、医師転職の場合には報酬面などの条件をしっかりと確認しながら、医師求人を見定めてもいいでしょう。

医師不足が深刻であることがあげられますので、常勤の医師求人であっても見つけやすい傾向にあるでしょう。

香川県についての医師転職

香川県については92箇所あまりの病院数があり、全国と比べると、診療所に対しての病院の数が高い傾向にあります。人口に対しての医師数も全国平均と比較すると、大幅に上回っている点があげられます。そのような背景から人員的にはゆとりがありますので、常勤医に対しての負担も軽いことがあげられます。

他の県と同様で中心年に医療機関が集まる傾向にあり、県庁のある高松市に数多くの医療機関があり、そのことからその他の地域で医療格差が生じていて、それに伴って医師募集をされています。香川県での医師転職をされる場合には、そのような地域に注意して医師求人を探すといいでしょう。

医師転職関連

「医師転職サポートガイド!プライベートも充実した生活をおくるために」では、キャリアアップや働き方の改善、職場環境の見直しの観点から医師転職をしようとする方に向けたサイトです。医療や研究の現場では欠かせなくなったマイクロスコープについての記事もご覧下さい。当サイトへのお問い合わせはこちらへ。

好条件の医師求人をゲット

医師転職のポイント

マイクロスコープ