学術用のマイクロスコープについて

工業や医療などの現場で使用されるマイクロスコープもありますが、そのほかにも学術用として使用がおこなわれるケースもあります。

そのようなニーズにおいては、研究者である学生が使用をおこないますので、個人が購入するようなマイクロスコープにプラスアルファのものが必要でしょう。なかには使用するにあたって難易度が高いようなタイプもあるみたいですが、きちんとマスターできれば研究に役立てられるようです。

こうした研究はこれかたの社会にも役立てることができますので、積極的に取り入れていくことが大切だと言えるでしょう。

マイクロスコープのシステムと用途の説明

マイクロスコープシステムは高倍率の小型カメラの映像を、モニター画面に拡大表示してみる事が出来るシステムを指します。主にパソコンやタブレットPC等を使用して、撮影や録画も行うことができます。

使用用途としては、工業系では、製品、部品の色ムラや傷等の検品に使用されます。医療系でも、胃カメラや腸カメラの内視鏡カメラ、頭皮や耳鼻の状態を見る為のスコープでも使用されます。

生物学的に、樹木の幹の穴にスコープを入れ中にいる生物を確認したり撮影する等の用途があります。今まで目視でしか行えない様なものがマイクロスコープで拡大表示されて正しい判断ができる様になり、必要なら画像データとして残すことも可能となりました。

マイクロスコープの登場で虫歯治療は変わりました

従来までの虫歯治療は、肉眼やルーペで確認しながら虫歯治療を行っていましたが、はっきりと確認することが出来ないので、歯科医の勘や経験に頼りながらの治療をしていました。とても小さい虫歯に対し、虫歯が残らないようにとても大きく健康な歯を削っていました。

マイクロスコープの登場によって、ミクロ単位での確認をはっきりとすることが出来るようになったので、虫歯治療では、出来るだけ健康な歯を削らないように虫歯部分のみを削る事が出来るようになりました。

削る部分が小さくなったので、痛みも少なく施術時間もとても短くなっているので、マイクロスコープの登場によって虫歯治療に革命が起こったと言っても過言ではありません。

マイクロスコープは選択肢を広げづらい

作っている業者が少ないので、マイクロスコープの選択肢を思ったほど取れない可能性もあります。もちろん海外のメーカーまで検討するケースが多くて、最終的な決断を行う場合にはあらゆる方法も考えます。

試しに使ってみる方法は難しくなっているので、マイクロスコープは画像や評判によって決めることが多くなります。なるべく海外のメーカーを採用しないほうがいいですが、安いのは海外のメーカーです。

国内のメーカーを利用していく場合には、どのような機能を持っているかチェックが必要となっていて、担当者との交渉も進める必要があります。

マイクロスコープをもしブラックリストの国に出してしまったら

マイクロスコープなどの機械は輸出の際に厳しくチェックすることになっており、通関の際には該非判定書などがなければ通関することができません。しかしチェックが手薄で本来出してはいけなかった国に出してしまった場合にはどのようなことになってしまいのでしょうか?

通常こういったものを出す時には会社の中の輸出の規制に特化した部署に確認をして、輸出規約に引っかからないかみてもらう必要があります。そこのチェックが抜けてしまったということになると、輸出に特化している部署の一番トップの人が法律によって罰を受けることになります。

マイクロスコープ関連

「医師転職サポートガイド!プライベートも充実した生活をおくるために」では、キャリアアップや働き方の改善、職場環境の見直しの観点から医師転職をしようとする方に向けたサイトです。医療や研究の現場では欠かせなくなったマイクロスコープについての記事もご覧下さい。当サイトへのお問い合わせはこちらへ。

好条件の医師求人をゲット

医師転職のポイント

マイクロスコープ