TOP > 医師転職 医師求人 > 医師求人の人材不足 発熱外来に対応する医師の求人

目次

  1. 発熱外来に対応する医師の求人
  2. 人気の産業医の求人
  3. 秋田の医師求人って多い?
  4. 博士課程取得の医師求人

発熱外来に対応する医師の求人

新型コロナウイルスの影響で医療機関の診療に大きな影響が出ています。大きく感染者が増えると発熱外来が忙しくなります。そのため、発熱外来に対応するための医師の求人は非常に需要があります。

感染者が爆発的に増えている場合は寝る間もないぐらい忙しくなるため、敢えてそのような働き方に身を置くのはどうか?と考える医師も多いでしょう。

医師の求人が多いということは転職する医師にとっては良いことではありますが、あまりに需要が多い職種というのも考え物かもしれません。

やりがいや使命ということを考えるなら、発熱外来に対応する医師求人に応募するというのは社会のためにも非常に意義のあることです。

人口が減少し、国民の高齢化が進んでいます。それと同じように医師も高齢化がすすんでいます。どんどんベテランの医師が増えているということです。

そのような医師にとって救急医や発熱外来のような仕事は体力的にも精神的にもかなりきついと思います。60代、50代後半の医師にとっては特にそうです。

また、女性の医師にとっても家庭との両立を考えると緊急性の高い診療科目はキツイでしょう。そういう理由から今、産業医が人気なのです。

産業医というは会社に所属する医師で、サラリーマンと同じような勤務になります。そのため、一般の方と同じような生活ができるのです。

そのため、産業医の求人は人気があり、応募してもなかなか採用されません。そのため、産業医の求人に強いエージェントを利用し、少しでも採用されようとする医師も増えています。

秋田の医師求人って多い?

秋田は非常に人口が少ない都道府県です。そして人口の減少は全都道府県の中でも一位です。そんな秋田は高齢化が特にすすんでおり、秋田でも地方においてはその傾向はさらに強くなります。

そんな地方では医師の不足しているところも多くあります。そのため、市町村が医師の求人を出しています。そのような秋田においては、秋田県内の公的医療機関等の医師として地域医療に従事しようとする志と情熱に富んだ 医学生の方に対して,秋田県が修学に必要な資金を貸し付ける制度があります。

そして秋田大学医学部では地域枠があります。そのような医師には秋田の地方での医師求人に応募して頂き、地域のために頑張って頂きたいと思います。

博士課程取得の医師求人

医師以外で博士課程に進学というのはあまり聞かないかもしれません。医師の場合は一度医師資格をとり、就職してからでも、博士課程に進学というのをよく聞きます。それはきっと専門性をより高めるということが必要な分野であるということでもあります。

工学や科学の分野では修士課程の後、博士課程に進学すると研究職、または大学に残るということしかありません。しかし、医師の場合は専門医として大きな病院や大学での勤務があります。

また、研究職でというのも可能です。医師の求人においてもより専門性の高い診療の場合は博士課程や専門医認定を高く評価することがあります。

より専門性を持った仕事をしたいならなら博士課程後期ののちに医師求人を探してもいいかもしれません。

医師、求人転職関連

メニュー

TOP 医師求人 医師求人の人材不足 医師転職 スキルをアピールしたい医師転職の選考 医師転職サポートで好条件の求人

「医師転職サポートガイド!プライベートも充実した生活をおくるために」では、キャリアアップや働き方の改善、職場環境の見直しの観点から医師転職をしようとする方に向けたサイトです。

好条件の医師求人をゲット

医師転職のポイント

マイクロスコープ